夏は合宿免許!

免許を取得したら、どんな車に乗りたいか決まっていますか?免許を取るとどんな車に乗るかという楽しみな悩みも増えますよね。もちろん、先立つものがある程度あっての悩みではありますが。私も免許を取ったあと、しばらくの期間は親の車を運転していました。父親はずいぶんハラハラしたみたいです。でも何とか事故は起こさずにその期間を終えて、自分の車を晴れて購入することができました。皆さんの中にも今年の夏こそは免許を取って、あの車を運転するぞ!って意気込んでいる方もおられるのではないでしょうか?ただ、ご存知かもしれませんが、夏の時期の免許取得は意外と大変なんです。特に地元の教習所に通学しようと思っておられる方、毎日通って最短で取ろうと思っても、実はこの時期は非常に込み合っているため、教習の予約が3日に1回しか取れないなんてこともあります。この点、合宿免許であれば毎日2時間は必ず車に乗れるような予定が組まれています。この時期取りたい方、合宿免許はお勧めですよ。免許の窓口さんで合宿免許をとってみましょう。

食べ物の大切さを教える水耕栽培

水耕栽培を子供と一緒に楽しんでいる人が増えています。
実際に自分で育てて収穫し、出来た野菜を食べると言う食育を兼ねて親子で挑戦するのは良いと思います。
実際に食物を育てることで、食材を育てる大変さや、食べ物への感謝の気持ちが出てくると思います。
子供のうちから、身近な方法で食べ物の大切さを教えるのは意外に大変なことだと思います。
水耕栽培であれば、特にお金をかけないで、簡単に楽しむことができますので、初心者でもやりやすいです。
現在、子供の食育のために、自分たちの育てた鶏をさばいて食すという学校もあるくらい、食育に対する教育が色々とあります。
しかし、自分で育てた鶏を殺して食べるというのは、あまりにも子供には残酷だという意見もあります。
水耕栽培は、そのような残酷な経験ではなく、野菜を通じて食育を楽しく学べるのが良いと思います。
子供にとっても、いくら食育とは言え、動物を殺して食べるのは辛いことだと思います。
水耕栽培室内ガーデニングという感覚で、子供たちの教育には良いのではないでしょうか。

© 2014 住まいと健康

Theme by Anders NorenUp ↑